ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとは?

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとは?

メディアでもよく取り上げられるビタミンC誘導体という美容成分。ビタミンCは知っているけど、誘導体って何なの?

 

どういう効果があるのか?またどういう点に注意しなければいけないのかまとめてみました。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとは?

 

ビタミンCは抗酸化作用や美白に優れた成分ですが、酸化しやすく熱に弱く、不安定で壊れやすいという性質がありました。化粧品には配合しにくいものだったのです。そこでビタミンCを人工的に改良されたのがビタミンC誘導体です。皮膚内に浸透してからビタミンCに変わる性質を持っています。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。水溶性は主に化粧水に配合され、即効性があります。リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどです。油溶性はクリームやジェルに配合され、水溶性ほどの即効性はないものの、浸透性が高く、効果が持続するという特徴があります。テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどです。

 

その他、水溶性と油溶性の二つの性質を併せ持つ新型のビタミンC誘導体も開発されています。

 

ビタミンC誘導体の効果

 

皮膚に浸透してコラーゲンに働きかけることによって、しわやたるみの予防、改善があります。メラニン色素を還元して、色素沈着を防ぎます。またメラニンの生成を抑制することでシミやくすみを予防し、改善します。

 

活性酸素を取り除く抗酸化作用がありますので、新陳代謝を高め、アンチエイジングに効果があります。過剰な皮脂の分泌を抑えることから、ニキビの予防や改善に効果があります。炎症抑える働きにより、ニキビ跡を防ぎます。

 

ビタミンC誘導体を使う際の注意点

 

ビタミンC誘導体には過剰な皮脂をコントロールする働きがあります。そのため、もともと乾燥肌の人が使用すると、皮脂が少なくなって余計に乾燥することになりかねません。乾燥肌の人は注意が必要です。また、濃度は3%以上のものだと高い効果があります。一般の美白化粧品では1〜2%程度のものが多いようです。医療現場では5〜6%の高濃度のものが使用されますが、これ以上濃度を上げても効果には差がなく、逆に刺激が出てきます。