3大栄養素を意識した食事で無理なく美肌になることが可能

3大栄養素を意識した食事で無理なく美肌になることが可能

ニキビや肌荒れ、乾燥肌などお肌に関する悩みを持っていらっしゃる方は結構多いと思います。

 

 

 

色々な美容方法を試してみたけどイマイチ効果がないという方には、食事を変えてみることをオススメします。実は日頃摂取する食事内容によってお肌の調子も変わってくるのです。では実際に美肌のためにはどのような食事を摂取していけばいいのでしょうか。

 

 

美肌のために集中的に摂取したいのが3大栄養素と呼ばれる栄養素です。その3大栄養素とはβカロテン、タンパク質、ビタミンCでこの栄養素を食事を通じて摂取することにより美肌効果を持続させることが可能となるのです。

 

 

 

まずβカロテンですが、お肌を粘膜や角質を強くして老化や肌荒れを防ぎ、潤いを保つ効果が期待できます。βカロテンを多く含む食事としては、鶏レバーやうなぎ、かぼちゃや人参、春菊やホウレン草など緑黄色の野菜に多く含まれていることが多いので摂取しましょう。
続いてタンパク質ですが、こちらはお肌や体を作るそもそもの材料となる栄養素です。タンパク質を摂取しないとお肌の調子が崩れたり、肌のハリがなくなったりとトラブルの原因となります。美肌に効果的と言われるコラーゲンも元はタンパク質で出来ているほど重要な栄養素なのです。主に肉や魚、卵や牛乳などに多く含まれています。ただ摂り過ぎは禁物ですので肉や魚は一日100gまで、卵は一個で牛乳は一杯程度とバランスを取りながら摂取することをオススメします。

 

 

 

 

そしてビタミンCですがこちらはメラニンの形成を防ぎ、シミ予防や美白に大きな効果をもたらしてくれます。またアミノ酸の中からコラーゲンが生成されるのを補助する役割も持っています。抗酸化作用も期待できるので美肌のみならず体全体の調子を整えてくれるのです。主にブロッコリーやピーマン、パプリカやかぶの葉、ゴーヤやキウイなどに多く含まれています。ただ注意点としてビタミンCは熱に弱いため加熱してしまうと栄養素が逃げてしまう可能性があります。できるだけ生で食べるか短い加熱に済ませておくのがいいでしょう。
このような3大栄養素を意識した食事を心がけることで、無理なく美肌になることが可能となってくるのです。