不規則な生活とストレスが思春期ニキビをつくる

不規則な生活とストレスが思春期ニキビをつくる

ニキビには出来る時期によって名前が大きく2つに分かれています。中学生から高校生ぐらいまでの時期に発生する赤ニキビは思春期ニキビと呼ばれています。

 

また、社会人になってできるニキビは大人ニキビと呼ばれています。皮脂分泌が活発なおでこ、鼻を埋め尽くすように出来るのが思春期ニキビの特徴で、症状が重い人は洗顔の際にヒリヒリして、行うのをためらってしまうほどです。大人ニキビは、お顔周りを覆い尽くすというよりかお顔の下のほうにボツボツと出来るのが特徴です。

 

不規則な生活やストレスで作られやすいと言われています。そして、ニキビには種類があります。

 

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビ、紫ニキビとこんなにも豊富なのです。その中で、よく覚えておいてほしいものがあって、それは白ニキビです。白ニキビは見た目が白くぷくっとしています。このニキビはまだ炎症が進んでいない状態です。

 

運よく見つけたものがこのタイプのニキビだった場合、早いうちに気が付いてよかったと喜ぶべきでしょう。

 

正しいケアをすれば進行を食い止められる、優しいニキビなのです。白ニキビの原因を作り出しているのが男性ホルモンです。

 

女性の体内でも男性ホルモンは存在しています。ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増加すると毛穴が詰まってぷくりと盛り上がるようになります。

 

このホルモンは悪いやつで、過剰に皮脂を分泌してお肌の潤いを奪っていきます。白ニキビに気づいたら、今は男性ホルモンが優位になっていることにまず気が付きましょう。対策として、男性ホルモンを抑えてあげます。おすすめの食品とサプリメントがあります。納豆、豆腐、味噌には大豆イソフラボンが含まれています。

 

女性ホルモンを優位にさせる働きがあるので、改善されます。サプリメントではマカがおすすめです。マカはペルーで育ったアブラナ科の植物です。サプリメントにはアルギニンやグルコシノレートという成分が含まれていて、これらが正常なホルモン分泌を促してくれます。食事やサプリメントでバランスを整えながら、患部の清潔を保てば白ニキビは改善に向かいます。

 

おすすめのニキビケア製品はこちら